ビザの手続き、延長

次はビザの手続きです。フィリピンで語学留学する為には、滞在ビザ申請とSSP(Special Study Permit-学生滞在許可証)申請の2つが必要になります。 フィリピンは21日以内であれば観光として入国時、滞在ビザが得られますが、 それ以上の滞在となると延長する必要があります。フィリピンの場合は現地で簡単に延長ができるので 特に日本でビザを用意する必要はありません。個人でも延長申請できますが語学学校で代行申請しているところが多いです。  また滞在ビザの延長は何回までと決まっているらしいのですが、SSPがあれば何度でも延長が可能になります。

SSP
SSP(Special Study Permit)とは、フィリピン政府から外国人学生に対して 勉強できる資格をくれる一種の許可証です。 フィリピンで語学留学をする際は、必要になります。 フィリピン現地で申請できます。 自分で申請することもできますが、語学学校が代行してくれるケースが多いです。
SSPがあれば滞在ビザを何度でも延長することが可能になります。

SSPは1回取得で6ヶ月間有効です。


取得に必要なもの
1.パスポート
2.住民票写し(本籍地入り)などの証明書 一通
3.写真(4.5cm×3.5cm) 2枚
4.英文の残高証明証
5.写真付き身分証明証

※上記は一例です。各語学学校によって、準備物が違いますので確認してください。
※パインスは、上記の1,2,3のみで申請が可能です。

滞在ビザ
フィリピンは21日以内であれば観光として入国時、滞在ビザが得られますが、 それ以上の滞在となると延長する必要があります。 滞在ビザは毎月移民局を通じて現地において一月単位で延長をしています。 延長費用は、延長する月に応じて変わります。
 こちらも語学学校が代行申請してくれるケースが多いです。 下に現在の滞在費を記載します。この金額は現地移民局により変更される可能性がありますので、 その都度確認してください。

最初の59日ビザ合計2ヶ月滞留時2020ペソ約5,500円
最初の30日延長合計3ヶ月滞留時3290ペソ約7,500円
2度目の30日延長合計4ヶ月滞留時1320ペソ約3,000円
3度目の30日延長合計5ヶ月滞留時1320ペソ約3,000円
4度目の30日延長合計6ヶ月滞留時1320ペソ約3,000円

在フィリピン日本国大使館



在日フィリピン共和国大使館・総領事館

フィリピン共和国大使館
Embassy of the Republic of the Philippines in Japan
〒106‐8537 港区六本木5-15-5
Tel:03-5562-1600
特命全権大使:ドミンゴ・エル・シアゾン 閣下
His Excellency Mr. Domingo L. SIAZON, Jr.

在大阪・神戸フィリピン共和国総領事館
Philippine Consulate‐General in Osaka
〒540‐6124 大阪市中央区城見2-1-61 Twin21 MIDタワー24階
Tel: 06‐6910‐7881
総領事:アントニオ・ヴィリヤマイヨール 氏
Mr. Antonio P. VILLAMAYOR
管轄区域:中部(山梨、新潟、長野、静岡を除く)、近畿、中国、四国、九州

在札幌フィリピン共和国名誉領事館
Philippine Honorary Consulate in Sapporo
〒063‐0841 札幌市西区八軒一条西一丁目1−26
Tel: 011-614-8090
名誉領事:戸部謙一 氏
Mr. TOBE Kenichi
管轄区域:北海道

在那覇フィリピン共和国名誉領事館
Philippine Honorary Consulate in Naha
〒901‐2202 宜野湾市新城2丁目35-1 アルジョンビル2階
Tel: 098‐892-5486
名誉領事:仲本・アラルコン・朝子 女史
Ms. Asako NAKAMOTO ALARCON
管轄区域:沖縄


▲このページのトップへ / もどる
画期的!ホテル語学学校とは?! / パスポートの有効期限を確認しよう / ビザの手続き、延長 / 留学海外保険について / フィリピンへの空の旅 / 留学便利アイテムトップ10 / お気楽留学資金調達法 / 英語勉強法 / パターンイングリッシュ / TOEICを受けよう / 語学を活かしたお仕事 / フィリピンとは? / フィリピン留学生活情報